車両法の目的と自動車の種別

この項目は、過去の出題は少ないのでポイント(赤字部分)を覚えておくだけで、試験対策としては十分でしょう。

1.車両法の目的(車両法第1条)

第1条
この法律は、道路運送車両に関し、所有権についての公証等を行い、並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進することを目的とする。

 

 条文をすべて覚える必要はない!過去に赤字部分の穴埋め問題が出題されたことがあるので、赤字部分を中心に車両法の目的をしっかり押さえておこう。

2.道路運送車両の定義(車両法第2条)

車両法は「道路運送車両」について、自動車原動機付自転車及び軽車両と定義している。

 

 道路交通法の用語の定義「車両」と混同しないように注意しよう!
道路運送車両法の「車両」は、自動車原動機付自転車軽車両の3種類。
道路交通法の用語の定義「車両」は、自動車原動機付自転車軽車両トロリーバスの4種類。

 

3.自動車の種別(車両法第3条)

車両法に規定する普通自動車小型自動車軽自動車大型特殊自動車及び小型特殊自動車の別は、自動車の大きさ及び構造ならびに原動機の種類及び総排気量または定格出力を基準として国土交通省令に定められている。

 

 大型自動車は、車両法に規程されている種類には含まれていない!
普通自動車小型自動車軽自動車大型特殊自動車小型特殊自動車の5種類。

 

あわせて読みたい関連記事

「車両法の目的と自動車の種別」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です