休憩、休日、年次有給休暇

休憩、休日、年次有給休暇についても、ほぼ毎回運行管理者試験に出題されている。ポイントで示した数字部分に特に注意すること。

 

1.休憩(労基法第34条)

使用者は、少なくとも次の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

休憩時間

・労働時間が6時間を超える場合⇒45分
・労働時間が8時間を超える場合⇒1時間

 

休憩時間について、「6時間を超えるときは45分」「8時間を超えるときは1時間」という数字をしっかり覚えること。

 

2.休日(労基法第35条)

使用者は、4週間を通じ4日以上の休日を与える場合を除き、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。

 

現在、多くの企業で週休2日制が採用されているが、労基法上の最低条件は週休1日(原則)である。

 

休日付与の例

毎週1回(4日の休日例)
 休  休  休  休
4週4回(4日)の休日例
 休  休  休  休

 

 

3.年次有給休暇(労基法第39条)

使用者は、その雇入れの日から起算して6カ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。

 

年休取れる条件は6810で覚えよう
10労働日」の年次有給休暇が与えられるのは、雇入れの日から起算して「6カ月間」継続勤務し、全労働日の「8割以上」出勤した場合である。

 

 

あわせて読みたい関連記事

「休憩、休日、年次有給休暇」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です