定義

定義に関する問題はほぼ毎回運行管理者試験出題されている。各用語の定義を正確に覚えておこう! 出題パターンは、選択肢の1つとして問われるというものであり、難易度は低い。

1.定義(労基法第9条~第12条)

運行管理者試験でよく問われる主な用語の定義は次のとおり。

主な用語の定義

・労働者 職業の種類を問わず、事業または事務所に使用される者で、賃金を支払われる者
・使用者 事業主または事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者
・賃金 賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのもの
・平均賃金 これを算定すべき事由の発生した日以前3カ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額

 

 

<平均賃金の計算式を覚えよう!>
平均賃金は、過去3カ月間の賃金総額をその期間(過去3カ月間)の総日数で除した金額であることに注意。

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です