運転時間

運転時間のなかでも、連続運転時間に関する問題は、運行管理者試験によく出題されている。連続運転時間について改善基準に違反するかどうか、チェック方法をしっかりマスターしよう。

 

1.運転時間(改善基準第4条第1項第4号)

運転者の運転時間は、次の制限をいずれも超えてはならない。

2日(始業時刻から起算して48時間をいう)を平均して、1日当たり9時間
2週間を平均して、1週間当たり44時間

 

運転時間の計算方法を覚えよう!
「特定日の前日と特定日の運転時間の平均」と「特定日と特定日の翌日の運転時間の平均」を算出し、いずれかが9時間であればよいが、どちらも9時間を超える場合は基準違反となる。

 

 

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です