拘束時間

ほぼ毎回運行管理者試験に出題されている。出題パターンは、具体例を挙げて改善基準に違反しているかどうか問うというものである。基準違反かどうか短時間で計算できるようにしておこう。

 

1.1カ月についての拘束時間(改善基準第4条第1項第1号)

改善基準は、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の拘束時間について制限を設けている。同基準が定める運転者の1カ月についての拘束時間は次のとおり。

運転者の1力月についての拘束時間

原則293時間まで
例外:労使協定があるときは、320時間まで延長可能

※ただし、延長が許されるのは1年のうち6カ月までで、かつ1年間についての拘束時間が3,516時間を超えてはならない。

 

1ヵ月についての拘束時間は原則として293時間であるが、1年の内6ヶ月までは320時間まで延長可能という点を覚えておこう。

 

 

2.1日についての拘束時間(同第2号)

改善基準は、運転者の1日についての拘束時間についても次の制限を設けている。

運転者の1 日についての拘束時間

原則13時間まで
例外16時間まで延長可能

※ただし、1日についての拘束時間が15時間を超える回数は、1週間について2回以内

 

つまり、拘束時間が16時間を超える日が週に2回以内ならば基準に適合し、3回以上であれば基準違反である。
なお、1日の拘束時間の計算に際しては、翌日の始業時間が当日の始業時間より早いときは、その早い分だけ当日の拘束時間に加えることに注意。

 

拘束時間の計算例

月曜日の始業時刻が8時、終業時刻が23時、
火曜日の始業時刻が7時、終業時刻が23時の場合
⇒火曜日の始業時刻が月曜日の始業時刻より1時間早いから、その分を月曜日の拘束時間に加える。

月曜日の拘束時間:23時-8時+1時間=16時間

※なお、この火曜日の1時間は、火曜日の拘束時間でもカウントされる。つまり、火曜日の拘束時間は23時-7時=16時間となり、7時から8時の1時間は月曜と火曜で二重にカウントされることになる。

問題例はこちら⇒運転者の1日についての拘束時間(問題例と解答・解説)

 

 

3.休息期間(同第3号)

運転者には勤務終了後、継続8時間以上の休息期間を与えなければならない。

1日の拘束時間と休憩期間の例

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です