貨物運送事業法の目的と定義

貨運法第1条の目的は、穴埋め問題で出題される。定義は選択肢の1つとして出題させることもある。すべてを暗記する必要はないが、何回も読んで赤字部分はしっかり暗記しよう。

1.貨運法の目的

第1条
この法律は、貨物自動車運送事業の運営を適正かつ合理的なものとすると ともに、貨物自動車運送に関するこの法律及びこの法律に基づく措置の遵守等を図るための民間団体等による自主的な活動を促進することにより、輸送の安全を確保するとともに、貨物自動車運送事業の健全な発達を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。 続きを読む

事業計画

事業計画も、ほぼ毎回のように出題される。覚えるポイントは、事業計画の変更があった場合の届出時期。どういった場合に事前の届出をしなければいけないか、しっかり覚えておこう!

 

事業計画(貨運法第8条・第9条)

一般貨物自動車運送事業者は、その業務を行う場合には、事業計画に定めるところに従わなければならない。事業計画を変更するときは、事業者は原則として国土交通大臣の認可を受けなければならない。ただし、事業計画中の次の事項の変更については、国土交通大臣への届出で足りる。 続きを読む

許可

貨物自動車運送事業の許可は、ほぼ毎回出題せれているので、要チェック!事業の許可・申請は選択肢の1つとして出題されるが、難しくはない。許可の取消し等のところは、条文の穴埋め形式で出題される。

 

1.事業の許可・申請(賃運法第3条・第4集)

一般貨物自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。
この許可を受けようとする者は、国土交通大臣に提出する申請書に事業用自動車の運行管理の体制その他の国土交通省令で定める事項を記載した書類を添付しなければならない。 続きを読む

今後のトラック運転手にとって、有力な資格は運行管理者です。忙しいトラック運転手にとって、試験のポイントを要領よくまとめてみました。運行管理者試験を一発合格して運送業界で活躍しよう!