事業改善の命令

ほぼ1回おきに出題されているが、改善命令の対象となる事項は限られているので、難しくはない!

事業改善の命令(貨運法第26条)

国土交通大臣は、一般貨物自動車運送事業の適正かつ合理的な運営を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、次の事項を命ずることができる。

事業改善命令の内容

事業計画の変更
運送約款の変更
③自動車その他の輸送施設に関する改善措置
④貨物の運送に関し生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約の締結
⑤運賃または料金が利用者の利便その他公共の利益を阻害している事実があると認められる場合において、運賃または料金の変更 -など

 

改善命令の内、①の事業計画の変更と④の保険契約の締結が何度か問われているので、この2つは特に注意しよう。

 

例題1

国土交通大臣は、一般貨物自動車運送事業の適正かつ合理的な運営を確保するため必要があると認めるときは、一般貨物自動車運送事業者に対し、貨物の運送に関し生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約を締結することを命ずることができる。

答え

正 貨違法第26条第4号のとおりである。

 

例題2

国土交通大臣は、一般貨物自動車運送事業の適正かつ合理的な運営を確保するため必要があると認めるときは、一般貨物自動車運送事業者に対し、事業計画を変更することを命じることができる。

答え

正 貨違法第26条第1号のとおりである。

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です