乗務等の記録及び運行記録

この項目の中で、乗務等の記録がよく出題されている。乗務記録の記載事項と記録の保存期間をしっかり覚えよう!

1.乗務等の記録(安全規則第8条)

運行管理者、事業用自動車に係る運転者の乗務について、当該乗務を行った運転者ごとに次の事項を記録させ、かつ、その記録を1年間保存しなければならない。

乗務等の記録の記載事項

①運転者の氏名
②乗務した事業用自動車の自動車登録番号その他の当該事業用自動車を識別できる表示
③乗務の開始・終了の地点及び日時、主な経過地点及び乗務距離
④運転を交替した場合には、その地点及び日時
⑤休憩または睡眠をした場合には、その地点及び日時
⑥車両総重量が8トン以上または最大積載量が5トン以上の普通自動車である事業用自動車に乗務した場合には、貨物の積載状況
⑦道交法に規定する交通事故もしくは事故報告規則に規定する事故、または著しい運行の遅延その他の異常な状態が発生した場合には、その概要及び原因
運行指示書を作成しなければならない場合で、指示書に基づく指示があった場合には、その内容

 

乗務等の記録の保存期間は、「1年間」

 

 

2.運行記録計(安全規則第9条)

事業者は、車両総重量が8トン以上または最大積載量が5トン以上の普通自動車である事業用自動車に係る運転者の乗務について、当該事業用自動車の瞬間速度運行距離及び運行時問運行記録計により記録し、かつ、その記録を1年間保存しなければならない。

 

 1で述べた乗務等の記録は、運行記録計による記録に代えることができる。この場合、本来、乗務等の記録として記録すべき事項のうち、運行記録計により記録された事項以外を、運転者ごとに運行記録計による記録に付記させなければならない。

 


例題
貨物自動車運送事業輸送安全規則の運行記録計による記軌こ関する次の文中、A・B・⊂・Dに入るべき字句の組合せとして、正しいものはどれか。
一般貨物自動車運送事業者等は、次に掲げる事業用自動車に係る運転者の業務について、当該事業用自動車の[ A ]、運行距離及び[ B ]を運行記録計により記録し、かつ、その記録を[ C ]保存しなければならない。

一 [ D ]が8トン以上又は最大積載量が5トン以上
二 前号の事業用自動車に該当する被けん引自動車をけん引するけん引自動車である事業用自動車
三 前二号に掲げる事業用自動車のほか、特別積合せ貨物運送に係る運行系統に配置する事業用自動車

A B C D
1. 最高速度 運行時間 1年間 車両重量
2. 瞬間速度 待機時間 3年間 車両総重量
3. 最高速度 待機時間 3年間 車両重量
4. 瞬間速度 運行時間 1年間 車両総重量

 

答え

4 「2.運行記録計」で挙げた安全規則第9条の条文を参照。

 

あわせて読みたい関連記事

「乗務等の記録及び運行記録」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です