点呼

貨運法関係では毎回出題されている重要項目!点呼については、出題される問題は毎回同じなので、下記の乗務前、乗務後、途中点呼及び、点呼記録の保存期間の4項目をしっかり覚えておこう!

1.乗務前の点呼(安全規則第7条第1項)

運行管理者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、原則として、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により点呼を行わなければならない。ただし、輸送の安全の確保に関する取組みが優良であると認められる営業所において、運行管理者が点呼を行う場合にあっては、当該事業者は、対面による点呼と同等の効果を有するものとして国土交通大臣が定めた機器による点呼を行うことができる。
この乗務前の点呼において運行管理者は運転者に対し、次の事項について報告を求めるほか、事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。

乗務前の点呼の報告事項

酒気帯びの有無
疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無
日常点検の実施またはその確認

 

 このなかで特によく出る問題は、③の「日常点検の実施またはその確認」である。
運行管理者が乗務前の点呼において運転者に報告を求めるのは、「日常点検及び定期点検の実施またはその確認というように、間違いを誘う問題がよく出題されているが、「定期点検」という言葉があれば答えは間違いなので注意しよう!

 

2.乗務後の点呼(同条第2項)

運行管理者は、乗務前の運転者だけでなく、事業用自動車の乗務を終了した運転者に対しても、対面による点呼を行わなければならない。

この乗務後の点呼において、運転者に報告を求める事項は次のとおり。

乗務後の点呼の報告事項

①当該乗務に係る事業用自動車道路及び運行の状況
②(乗務の途中で運転者が交替した場合)交替した運転者に対し行った当該乗務に係る事業用自動車道路及び運行の状況の通告について

 

 ②の「乗務の途中で運転者が交替した場合」、運行管理者が報告を求める相手は、交替前の運転者である。交替後の運転者ではないので注意。

 

例題
乗務途中の他の運転者から乗務を引き継いだ運転者に対しては、乗務後の点呼において、当該運転者が他の運転者から受けた法令の規定による通告の内容について報告を求めなければならない。

答え

誤 乗務の途中で運転者が交替した場合、交替した運転者に対し行った通告について報告を求める相手は、交替前の運転者であって、乗務を引き継いだ運転者(交替後の運転者)ではない。

3.途中点呼(同条第3項)

運行管理者は、乗務前及び乗務後の点呼のいずれも対面で行うことができない運転者に対しては、当該点呼(業務前及び業務後の点呼のこと)のほかに、当該乗務の途中において少なくとも1回電話その他の方法により点呼を行わなければならない。
このとき次の事項について報告を求め、事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。

途中点呼の報告事項

酒気帯びの有無
疾病疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無

 

 電話その他の方法による途中点呼が必要となるのは、乗務前及び乗務後の点呼の「いずれも」対面で行うことができない場合である。 いずれか」対面で行うことができない場合・・・ のように間違いを誘った問題がよくでるので注意しよう!

 

4.点呼の記録・保存(同条第5項)

運行管理者、点呼を行い、報告を求め、指示をしたときは、運転者ごとに点呼を行った旨、報告及び指示の内容を記録し、かつ、その記録を1年間保存しなければならない。

 

点呼の記録の保存期間は「1年間」

あわせて読みたい関連記事

「点呼」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です