貨物運送事業法の目的と定義

貨運法第1条の目的は、穴埋め問題で出題される。定義は選択肢の1つとして出題させることもある。すべてを暗記する必要はないが、何回も読んで赤字部分はしっかり暗記しよう。

1.貨運法の目的

第1条
この法律は、貨物自動車運送事業の運営を適正かつ合理的なものとすると ともに、貨物自動車運送に関するこの法律及びこの法律に基づく措置の遵守等を図るための民間団体等による自主的な活動を促進することにより、輸送の安全を確保するとともに、貨物自動車運送事業の健全な発達を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。

 

道路運送車両法の目的と似ているので、混同しないようにしよう!

 

2.貨物自動車運送事業の定義

  • 一般貨物自動車運送事業・・・他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪車の自動車を除く)を使用して貨物を運送する事業をいう。
  • 特定貨物自動車運送事業・・・特定の者の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪車の自動車を除く)を使用して貨物を運送する事業をいう。
  • 貨物軽自動車運送事業・・・他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪車の自動車に限る)を使用して貨物を運送する事業をいう。

 

「貨物自動車運送事業」はこの3っの事業のこと。当然、「事業」なのだから有償(対価を支払う)である。過去問では、無償と言葉をかえて出題されたこともあるので、覚えておこう!

 

3.その他の定義

次の2つ定義は、「貨物自動車運送事業」に含まれないことに注意すること。試験での出題可能性は低いが、念のため確認しておこう!

①特別積合せ貨物運送
一般貨物自動車運送事業として行う運送のうち、営業所その他の事業場において集貨された貨物の仕分けを行い、集貨された貨物を積み合わせて他の事業場に運送し、当該他の事業場において運送された貨物の配達に必要な仕分けを行うものであって、これらの事業場の間における当該積合せ貨物の運送を定期的に行うものをいう。

②貨物自動車利用運送
一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業を経営する者が、他の一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業を経営する者の行う運送(自動車を使用して行う貨物の運送に係るものに限る)を利用してする貨物の運送をいう。

 

例題
貨物自動車運送事業とは、一般貨物自動車運送事業、特定貨物自動車運送事業、貨物軽自動車運送事業及び貨物自動車利用運送事業をいう。

答え

誤 貨物自動車利用運送事業は、貨物自動車運送事業に含まれない。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です