交通事故の場合の措置

交通事故の場合の措置については、出題頻度は高くないので、他の項目をしっかり押さえた後で学習をするのが効率的である。

1.負傷者の救護等の義務(道交法第72条)

交通事故があった場合、当該車両の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。
この義務に違反すると、罰則が適用される。すなわち、人の死傷があった場合には5年以下の懲役または50万円以下の罰金、人の死傷がなかった場合には1年以下の懲役または10万円以下の罰金が科される。

 

2.警察官への報告義務(道交法第72条)

交通事故があった場合、当該車両の運転者(運転者が死亡し、または負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員)は、警察官に次の事項を報告しなければならない。
この義務に違反すると、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。

交通事故があった場合、警察官に報告すべき事項

①事故の発生日時及び場所
②死傷者の数及び負傷者の負傷の程度
③損壊した及びその損頓の程度
④当該事散に係る車両等の積載物
⑤当該事故について講じた措置

 

事故の原因などは含まれない
運転者が警察官に報告すべき事項には、運転者の刑事責任を追及するに当たってその直接の証拠となりそうな事項(事故の原因など)は含まれていないことに注意。かかる報告義務が運転者に課されているのは、あくまでも道路の危険防止のためであって、運転者の刑事責任を追及するためではないからである。過去問はこちら⇒平成22-2 道路交通法関係 問16

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です