駐車禁止

「停車及び駐車が禁止される場所」「駐車が禁止される場所」は要注意。特に、「駐車が禁止される場所」はよく出題されるので、しっかり覚えておこう!

1.停車及び駐車が禁止される場所(道交法第44条)

車両は、原則として次の場所には停車も駐車もしてはならない。これに違反すると、15万円以下の罰金が科される。

 

停車も駐車も禁止される場所

駐停車禁止
道路標識等により停車及び駐車が禁止されている道路の部分
横断歩道 踏切あり
交差点横断歩道自転車横断帯踏切軌道敷内きどうしきない) 、坂の頂上付近勾配の急な坂またはトンネル
T型道路交差点あり 右方向屈折あり
交差点の側端または道路の曲がり角から5メートル以内の部分
横断歩道 自転車横断帯
 ④横断歩道または自転車横断帯前後の側端からそれぞれ前後に5メートル以内の部分
安全地帯
 ⑤安全地帯が設けられている道路の当該安全地帯の左側の部分及び当該部分の前後の側端からそれぞれ前後に10メートル以内の部分
 ⑥乗合自動車バス等の停留所を表示する標示柱または標示板が設けられている位置から10メートル以内の部分
踏切あり
 ⑦踏切の前後の側端からそれぞれ前後に10メートル以内の部分

 

 

2.駐車が禁止される場所(道交法第45条)

車両は、原則として次の場所には駐車してはならない。これに違反すると、15万円以下の罰金が科される。

駐車が禁止される場所

駐車禁止
 ①道路標識等により駐車が禁止されている道路の部分
 ②人の乗降、貨物の積卸し、駐車または自動車の格納もしくは修理のため、道路外に設けられた施設または場所の道路に接する自動車用の出入口から3メートル以内の部分
道路工事中
 ③道路工事が行われている場合における当該工事区域の側端から5メートル以内の部分
 ④消防用機械器具の置場もしくは消防用防火水槽の側端またはこれらの道路に接する出入口から5メートル以内の部分
消火栓 指定消防水利
 ⑤消火栓指定消防水利の標識が設けられている位置または消防用防火水槽の吸水口もしくは吸管投入孔から5メートル以内の部分
 ⑥火災報知機から1メートル以内の部分
駐車余地
 ⑦法令の規定により駐車する場合に、当該車両の右側の道路上3.5メートル(道路標識等により距離が指定されているときは、その距離、右図では5メートル)以上の余地がないこととなる場所。ただし、(ア)貨物の積卸しを行う場合で、運転者がその車両を離れないとき、もしくは運転者がその車両を離れたが直ちに運転に従事することができる状態にあるとき、または(イ)傷病者の救護のためやむを得ないときは、この限りでない。

 

 

3.放置違反金制度(道交法第51条の4・第51条の12)

(1)放置違反金制度とは

運転者が違法駐車をしたまま、長時間車両を離れる放置駐車は、交通渋滞などの原因になる。そこで、2006年6月から放置違反金制度がスタートした。
これは、警察署長からの委託を受けた放置車両確認機関が、違法駐車と認められる車両で、運転者がこれを離れて直ちに運転することができない状態にあるものを確認し、放置車両確認標章を当該車両に取り付けることができるという制度である。
この放置車両確認標章には、放置駐車であるという確認をした旨及び当該車両の使用者が放置違反金の納付を命ぜられることがある旨が記載される。

 

(2)放置車両確認標章の破損等の禁止

車両に取り付けられた放置車両確認標章は、何人もこれを破損もしくは汚損し、または取り除いてほならないのが原則である。
ただし、当該車両の使用者運転者その他当該車両の管理について責任がある者であれば、これを取り除くことが許される。

 

(3)駐車監視員

駐車監視員は、放置車両の確認等を行うときは、駐車監視員資格者証を携帯し、警察官等から提示を求められたときは、これを提示しなければならない。

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です