用語の意義

定義に関する問題の中でも、路側帯に関する問題が出されることが多い。歩道と路側帯との違いや、路側帯が歩行者の通行の用に供するために設けられていることをしっかり覚えておこう。

1.主な用語の定義(道交法第2条)

道交法第2条では、さまざまな用語の定義が定められている。運行管理者試験で、よく出題されている用語の定義を挙げる。

①歩道

歩行者の通行の用に供するため縁石線(えんせきせん)、またはさく、その他これに類する工作物によって区画された道路の部分

 

歩道と路側帯の違いに注意。どちらも、歩行者の通行の用に供するために設けられているものだが、歩道と車道との間は縁石線さくで区切られているのに対し、路側帯と車道との間は白線などの道路表示で区切られているにすぎない。

 

 

②車道

車両の通行の用に供するため縁石線、もしくはさく、その他これに類する工作物または道路標示によって区画された道路の部分

 

③路側帯

歩行者の通行の用に供し、または車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路または道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によって区画されたもの

 

路側帯は、あくまでも歩行者の通行の用に供するために設けられているもので、自転車の通行の用に供することは予定されていない。もっとも、自転車も著しく歩行者の通行を妨げることとならない場合には、路側帯(歩行者専用路側帯を除く)を通行することができる。

 

④交差点

十字路、丁字路その他2以上の道路が交わる場合における当該2以上の道路(歩道と車道の区別のある道路においては、車道)の交わる部分

 

⑤車両通行帯

車両が道路の定められた部分を通行すべきことが道路標示により示されている場合における当該道路標示により示されている道路の部分

 

⑥車両

自動車原動機付自転車軽車両及びトロリーバス

 

道交法上の車両は、自動車原動機付自転車スクーター)、軽車両トロリーバスの4種である。しっかり覚えておこう!

 

道路運送車両法の「車両」については、自動車原動機付自転車軽車両の3つしかないことと混同しないよう注意しよう。

⑦自動車

原動機を用い、かつ、レールまたは架線によらないで運転する車であって、原動機付自転車、自転車及び身体障害者用の車いす、ならびに歩行補助車その他の小型の車で政令で定めるもの以外のもの

 

⑧軽車両

自転車荷車その他人もしくは動物の力により、または他の車両にけん引され、かつ、レールによらないで運転する車であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの

 

軽車両とは、自転車荷車リヤカー)のこと。原動機付自転車(バイク)のように原動機で動くものは、軽車両には含まれないので注意しよう!

 

⑨車道路標識

道路の交通に関し、規制または指示を表示する標示板

⑩道路標示

道路の交通に関し、規制または指示を表示する標示で、路面に描かれた道路鋲、ペイント、石等による線、記号または文字

 

道路標識道路標示を混同しないように注意。

 

⑪運転

道路において、車両または路面電車をその本来の用い方に従って用いること

 

⑫駐車

両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く)、または車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあること

 

⑬追越し

車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ること

 

⑭進行妨害

両等が、進行を継続し、または始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、または始めること

 

進行妨害」と「進路変更」を混同しないように注意しよう! (「進路変更」については、道交法第2条では特に定義していない)。

 

⑮停車

車両等が停止することで駐車以外のもの

 

⑯徐行

両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること

 

⑰安全地帯

路面電車に乗降する者もしくは横断している歩行者の安全を図るため道路に設けられた島状の施設または道路標識及び道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分

 

⑱交通公害

道路の交通に起因して生ずる大気の汚染、騒音及び振動のうち内閣府令・環境省令で定めるものによって、人の健康または生活環境に係る被害が生ずること

 

 

あわせて読みたい関連記事

「用語の意義」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です