カテゴリー別アーカイブ: 労働基準法

各種記録

運行管理者試験では、「3.記録の保存」が出題されやすい。各種記録の保存期間をしっかり覚えよう。

 

1.労働者名簿(労基法第107条)

使用者は、各事業場ごとに労働者名簿を、各労働者(日日雇い入れられる者を除く)について調製し、労働者の氏名、生年月日、履歴その他厚生労働省令で定める事項を記入しなければならない。 続きを読む

拘束時間

ほぼ毎回運行管理者試験に出題されている。出題パターンは、具体例を挙げて改善基準に違反しているかどうか問うというものである。基準違反かどうか短時間で計算できるようにしておこう。

 

1.1カ月についての拘束時間(改善基準第4条第1項第1号)

改善基準は、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の拘束時間について制限を設けている。同基準が定める運転者の1カ月についての拘束時間は次のとおり。 続きを読む

運転時間

運転時間のなかでも、連続運転時間に関する問題は、運行管理者試験によく出題されている。連続運転時間について改善基準に違反するかどうか、チェック方法をしっかりマスターしよう。

 

1.運転時間(改善基準第4条第1項第4号)

運転者の運転時間は、次の制限をいずれも超えてはならない。

2日(始業時刻から起算して48時間をいう)を平均して、1日当たり9時間
2週間を平均して、1週間当たり44時間 続きを読む