カテゴリー別アーカイブ: 道路交通法

過労運転の禁止

過労運転の禁止は、運行管理者試験に何度か出題されている。今後、出題される可能性が高い項目なので注意が必要である。

1.過労運転の禁止(道交法第66条)

何人も、過労により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。
これに違反した場合には、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される。 続きを読む

交通事故の場合の措置

交通事故の場合の措置については、出題頻度は高くないので、他の項目をしっかり押さえた後で学習をするのが効率的である。

1.負傷者の救護等の義務(道交法第72条)

交通事故があった場合、当該車両の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。
この義務に違反すると、罰則が適用される。すなわち、人の死傷があった場合には5年以下の懲役または50万円以下の罰金、人の死傷がなかった場合には1年以下の懲役または10万円以下の罰金が科される。 続きを読む

運転免許

運転免許について運行管理者試験の貨物で問われる可能性があるのは、第1種免許である。その中でも「5.免許の効力の仮停止」が時々出題されているので、注意が必要である。

1.運転免許の種頬(道交法第84条)

自動車及び原動機付自転車を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許を受けなければならない。
免許は、第1種運転免許第1種免許)、第2種運転免許第2種免許)及び仮運転免許仮免許)に区分される。 続きを読む